保湿体験談記事一覧

私が赤ちゃんにとって、とても大切と思っているのは、肌を乾燥から守ってあげるということです。赤ちゃんは、大人の肌のように丈夫でないので、保湿をしてあげることが大切です。そのため、出産準備品としても、その保湿に必要なものを購入していました。その中の一つに入浴剤があります。赤ちゃんを入浴させる時に、その保湿効果のある入浴剤を使用することによって、つるんつるんの肌を守ってあげることができるのです。その入浴...

息子は黒人の夫と日本人である私の間に9か月前産まれました。この9か月間の間にかなり肌質は変化しましたが、基本的には産まれてこの方乾燥肌傾向にあります。専門家の方に話を聞くと黒人の肌は乾燥肌の場合が多く、それは遺伝的に高温多湿の気候に合うようになっているからとのことでした。夫も激しい乾燥肌で、以前暮らしていた北国では冬は全身粉をふくと言っても大げさではないくらいカサカサでした。その土地で息子も産まれ...

赤ちゃんの、お肌はデリケートで、乾燥しやすくまた、皮膚も大人の半分くらいです。赤ちゃんの時に、スキンケアがとっても重要です。特に、水分補給や、油分も心がけて、補うことが保湿につながります。なぜなら、赤ちゃんの時につくったスキンケアが一生ものになるからです。すべすべで綺麗な肌でいるためには、生まれた時からスキンケアが重要だからです。女の子でしたら特に、保湿にはこだわっていくのがベストです。大人になっ...

赤ちゃんの肌は、大人に比べて乾燥しやすく皮膚も大人の半分程度の薄さしかありません。肌のバリア機能も不完全でとてもデリケートなので、そのため生まれてすぐからのスキンケアが重要になります。中でも大切なのが「保湿」で、こまめに水分や油分を補ってあげることが必要なのです。また、3歳までにスキンケアをすることで基本の肌が育つため、その後の肌トラブルも起こりにくくなるといわれています。保湿を行うタイミング朝、...

うまれたばかりの赤ちゃんは、大人に比べて皮膚が薄く弱いため、バリア機能が未熟です。そのため、湿疹や肌の乾燥など、皮膚トラブルがおこりやすいため、適切なケアを行う必要があると考えられています。お肌の薄い赤ちゃんは、お肌の水分や油分のバランスも不安定ですので、肌の調子や様子を見ながら、肌質に合ったケアを行うと良いでしょう。赤ちゃん用のスキンケアは、保湿力が高く、無香料・無着色・無鉱物油など低刺激をうた...

赤ちゃんの肌について赤ちゃんの肌には、大人と同じ数だけの汗腺があるので、とても汗っかきですね。そして、生後3か月までは、お母さんの女性ホルモンの影響で皮脂の分泌も盛んです。ですから毎日お風呂に入れてあげて、汗や汚れを綺麗に落としてあげましょう。汗っかきの赤ちゃんですが、肌はとても薄く、大人と違ってお風呂で洗っただけで肌表面のバリア機能が失われてしまいます。そうすると、肌に含まれる水分が蒸発しやすく...