保湿で赤ちゃんの大事な肌を守る

 

私が赤ちゃんにとって、とても大切と思っているのは、肌を乾燥から守ってあげるということです。赤ちゃんは、大人の肌のように丈夫でないので、保湿をしてあげることが大切です。
そのため、出産準備品としても、その保湿に必要なものを購入していました。

 

その中の一つに入浴剤があります。赤ちゃんを入浴させる時に、その保湿効果のある入浴剤を使用することによって、つるんつるんの肌を守ってあげることができるのです。
その入浴剤は、助産師産の出産前の母親学級という講習会でも、紹介されているものです。

 

そのため、安心して使うことができました。また大人がその入浴剤の中に入っても、赤ちゃんと同じようにツルツルの肌になることができるのです。
それは赤ちゃんに使用できるものなので、当然大人に使用することもできると思っています。

 

そしてその入浴剤は、使用するときに、香りが良いということもあります。その豊かな香りに包まれて赤ちゃんを入浴させると、心身ともに大人もリラックスすることができました。

 

もちろんお風呂から上がった赤ちゃんの肌を見ても、納得することができます。その保湿効果は、しばらく続くと思うほど、しっとりとツルツルの肌になっているからです。

 

そのため、そのようなツルツルの肌を見ることが楽しみとなっていて、赤ちゃんの入浴タイムも楽しみとなっていました。
またその後に、赤ちゃんの肌が乾燥しているなとおもった時に使用する保湿クリームも使ってしました。

 

私の子供の場合は、口の周りと眼の周囲等がカサカサになることがあって、その時に塗るようにしていました。すると乾燥したまま放置する時と違って、肌がガサガサになることもなく、安心することができたのです。

 

そのことは、二人目の時、少し手を抜いてしまい、保湿クリームを使用しなかったことで、口と眼の周囲がガサガサ肌になったことがあったので、よく知っているのです。
赤ちゃんのためには、保湿をしてあげることは、肌を守ることになるので、とても大切なケアであると思っています。