赤ちゃんのお肌はデリケートで保湿が大事

 

赤ちゃんの、お肌はデリケートで、乾燥しやすくまた、皮膚も大人の半分くらいです。
赤ちゃんの時に、スキンケアがとっても重要です。
特に、水分補給や、油分も心がけて、補うことが保湿につながります。

 

なぜなら、赤ちゃんの時につくったスキンケアが一生ものになるからです。
すべすべで綺麗な肌でいるためには、生まれた時からスキンケアが重要だからです。
女の子でしたら特に、保湿にはこだわっていくのがベストです。

 

大人になっても、赤ちゃんの時に、スキンケアしていれば安心です。
3歳までに、丁寧なスキンケアすることで、その後のお肌のトラブルを起こすことも少ないと聞きます。
赤ちゃんのために、保湿剤をたっぷり使ってお肌の健康を維持していくのがベストです。

 

朝、赤ちゃんが起きてまず顔を拭きます。そのあと保湿剤を付けます。
食事の後も、お口をきれいにしてから又保湿剤を付けてあげます。
赤ちゃんのおむつ替えの時も綺麗にしてから、たっぷり保湿剤をつけてあげることが、重要です。

 

赤ちゃんは、何回もおむつを替えるので、外出する時も、保湿剤は持って出かけます。
外出して、赤ちゃんが汗をかいてお風呂やシャワーした時は、全身を保湿在を塗ってあげることで、お肌が、保護され保湿されます。

 

夜、毎日お風呂から出た後は赤ちゃんが、寝ますので、ぐっすり眠れるよう、保湿剤をたっぷり塗ってあげると安心して寝ます。

 

最初、保湿剤というものを知らなかったので、そのままお風呂から出てなにも付けずに寝かしてた時は、赤ちゃんの肌が、乾燥によるもので夜泣してたのも知りませんでした。

 

かゆくて気持ち悪くて今思えば泣いていたと思います。
でも、保湿剤という物をドラッグストアーの店長さんに聞き使い始めて初めて知りました。
大変すぐれもので、保湿効果と保護もあり便利です。

 

塗った後も、サラサラでべたつきませんので、赤ちゃんは気持ちよさそうです。
夜泣きは、赤ちゃんも、お母さんも大変です。

 

保湿が足りなかったのに早く気が付いて、対処できたことがよかったです。
毎日、保湿剤を塗って赤ちゃんは、スヤスヤ眠っています。