赤ちゃんのスキンケアについて

 

うまれたばかりの赤ちゃんは、大人に比べて皮膚が薄く弱いため、バリア機能が未熟です。そのため、湿疹や肌の乾燥など、皮膚トラブルがおこりやすいため、適切なケアを行う必要があると考えられています。

 

お肌の薄い赤ちゃんは、お肌の水分や油分のバランスも不安定ですので、肌の調子や様子を見ながら、肌質に合ったケアを行うと良いでしょう。

 

赤ちゃん用のスキンケアは、保湿力が高く、無香料・無着色・無鉱物油など低刺激をうたった物が多く販売されています。

 

バリア機能の弱い赤ちゃんの肌は、添加物にアレルギーを起こしやすいため、なるべく添加物を含まないお肌に優しいタイプの化粧品で保湿を行うと良いでしょう。

 

赤ちゃんは汗をかきやすいので、汗をかいた時はうるおいを奪いすぎない洗浄料でやさしく洗うのがおすすめです。

 

汚れているからといって洗浄力が強すぎるタイプを使用すると、赤ちゃんの肌のバリア機能が損なわれてしまう可能性がありますので、赤ちゃん用、又は敏感肌用の低刺激タイプを選ぶと良いでしょう。

 

赤ちゃんによってお肌のタイプは異なりますし、季節によっても肌のコンディションは変化しますので、赤ちゃんのお肌をよく観察し、過不足なくケアを行うことが重要です。