ベビーローションはいつから使えばいいの?

 

赤ちゃんの肌について

 

赤ちゃんの肌には、大人と同じ数だけの汗腺があるので、とても汗っかきですね。
そして、生後3か月までは、お母さんの女性ホルモンの影響で皮脂の分泌も盛んです。
ですから毎日お風呂に入れてあげて、汗や汚れを綺麗に落としてあげましょう。

 

汗っかきの赤ちゃんですが、肌はとても薄く、大人と違ってお風呂で洗っただけで肌表面のバリア機能が失われてしまいます。そうすると、肌に含まれる水分が蒸発しやすくなってしまうので、赤ちゃんの肌は乾燥してしまいます。

 

そこで、お風呂で綺麗にした後は、しっかりスキンケアをすることが必要です。
そうしないと、肌がカサカサしたり、肌からアレルギー物質が侵入したりして、肌トラブルを起こしやすくなります。

 

ですから、お風呂に入った後はベビーローションでしっかり保湿してあげましょう。

 

赤ちゃんのスキンケアとは?

 

基本はまず肌を「清潔」にすること

 

汗と皮脂に汚れが混ざるだけでなく、おむつの中はうんちやおしっこが付きますし、おっぱいを飲めば口の周りが汚れます。
これらの汚れを放っておいては赤ちゃんの繊細な肌は荒れてしまいます。「おっぱいかぶれ」ということばがあるように、おっぱいでも赤ちゃんの肌はかぶれたように赤くなってしまうのです。

 

ですから、授乳の後はすぐ柔らかい布を濡らして拭き取って上げましょう。
乾いたガーゼでは却って赤ちゃんの肌を傷めてしまいますから、ぬるま湯に浸した柔らかい布でこすらない様に拭き取ってあげましょう。
また、汗をかいた時もすぐに拭いてあげましょう。

 

「保湿」

 

スベスベのお肌を保つ為には「保湿」がとても重要です。
赤ちゃん、特に生後2〜3ケ月までの赤ちゃんは、皮脂の分泌が多いと書きましたが、お風呂に入った後は表面のバリア能力が取れてしまっている状態ですから、それをベビーローションで補います。

 

特に、生後2〜3ケ月後からは皮脂の分泌がそれまでよりぐんと減りますから、夏でも保湿することを忘れないで下さい。
授乳後、顔を拭いた時、汗を拭いた後も保湿をすることを忘れないようにしましょう。

 

ベビーローションはいつから?

 

これまで書いてきましたように、赤ちゃんは汗っかきですが、肌が薄く、角質層が薄い為水分が蒸発しやすいので、汗を拭いたりお風呂に入った後の保湿はとても大事です。
そして、それは生まれてすぐからするのが良いのです。
現在では赤ちゃんのスキンケア=保湿は生後24時間以内から始めるのが良いとされています。

 

ベビーローションはおかあさんの手に出し、それを指で赤ちゃんの肌に乗せてから手の平で薄く伸ばしていきます。
ベビーローションを塗る時に、おかあさんの手で赤ちゃんの全身をマッサージをするのが、また赤ちゃんとの触れ合いになります。
顔も忘れずに塗って上げましょう。

 

生後3か月を過ぎて皮脂の分泌が少なくなり、乾燥が気になる部分が出てきたら、そういう部分にはベビーオイルを使うと良いでしょう。

 

ベビーローションの成分について

 

スキンケアに使うベビーローションですが、成分をよく見てから買うようにしましょう。
ベビーローションに含まれるのに望ましいのは、おかあさんの化粧水等にも含まれている、よく知られている成分です。

 

ヒアルロン酸

 

水分を1gあたり6リットル保持できるとされる成分。ヒアルロン酸が皮膚に充分にあると肌の潤いが保てます。

 

セラミド

 

細胞間の脂質です。セラミドが不足すると角質層の水分が蒸発しやすくなり、皮膚のバリア機能が低下します。

 

スクワラン

 

皮膚膜の成分です。皮膚をなめらかにする働きがあると同時に、皮膚の新陳代謝を活発にする働きもあります。

 

これ以外に合成成分を含んだものもあるので、成分をよく見て、あまり多くの成分を使っているものは注意が必要です。
また、疑問を持った成分については、ネット等で調べて安全なものを赤ちゃんに使って上げるようにしましょう。