かさかさ体質には・・・

 

カミソリでの処理が良くないのか、
私の足は今でもカサカサかゆかゆですが。

 

一年中この状態の足(すね・ふくらはぎ)は除いて、
体の各部分の保湿法を書いていきます。

 

髪の毛はトリートメントやパックにかぎります。
カラーリングなどで芯から傷んでしまっている時は、
使いきりのオイルパックをおすすめします。

 

チューブに一回分が入っていて、お湯で温めてから髪になじませる。
翌日からうるおいを実感できるはずです。

 

顔はとくにデリケートな部分です。
人によっても、体調によってもダメージの受け方は違うでしょう。

 

ですから、一概に同じケアをすればいいものではないですが。
私のような中年の方は、部分的な油浮きはあるものの、
全体的には乾燥している事が多いのでは。

 

私の場合、さっぱり目の化粧水をたっぷりなじませた後、
目元・口元などかさつきがちな部分に蓋をするように高保湿クリームを付けます。

 

唇も忘れてはいけません。唇って、結構日焼けするんですよ。
だから、何もしないと夏でもかさかさになります。

 

夜、寝る前のくつろいでいる時に、ハニーパックがお勧めです。
唇にはちみつを塗るだけ。甘いので舐めたくなりますけど。
ダメージが酷いときには、更にラップを乗せる。30分くらいそのままで。

 

手や足のかかとは、ハンドクリームが効きます。

 

ハンドクリームはいろいろな種類の物があるので、
好みの物を選んでお風呂上りにたっぷり塗りこんでください。
かかとは、ハンドクリームで十分つるつるになります。