保湿ケアで透明感のある肌を

 

保湿をする事は美容の上で一番大切な事です。
乾燥肌は様々なトラブルを引き起こすからです。

 

ニキビが出来る要因として脂の摂り過ぎがあげられますが、
実は乾燥肌はニキビになりやすいというデータがあります。

 

脂っぽ過ぎるのも肌には良くありませんが、
脂を取り過ぎた乾燥肌も肌には良くないのです。

 

乾燥をすると他にも肌の老化を招くという大きな欠点があります。
若々しい肌には保湿は必要不可欠なのです。

 

特にお風呂上がりやメイクを落とした後の肌は脂が取れやすく、
肌も乾燥しやすいので注意が必要です。

 

終わった後はなるべく早く化粧水をつけ、
しっかりと肌を保湿する事が大切です。

 

その後は油分を逃がさない様に美容液と乳液をつける必要がありますが、
最低でも化粧水さえつけて入れば何もつけないよりは大分保湿されます。

 

特に乾燥が気になる時に有効なのが卵白を使用した保湿です。
新鮮なトロみのある卵白を
そのまま洗顔後の肌にパックをする感覚で馴染ませます。

 

卵白のトロみがなくなり、肌の上でサラっとしたら洗い流すサインです。
洗い流したら化粧水をつけて、余裕があれば美容液、乳液をしっかりつけます。

 

他にも美顔器を用いた保湿方法もあります。
霧が出るタイプの美顔器で肌に直接吹きかけたり、
温めたタオルと冷やしたタオルを交互に使用する事で肌が活性化し、
より保湿効果が高まります。

 

しっかり保湿して透明感のある若々しい肌を目指して下さい。