アトピーも子供の個性

 

赤ちゃんの肌はきめ細かくて天使の様。
肌に問題のない子はなにも心配はいりません。
しかし肌が敏感な子、アトピーの子は色々トラブルが出てきます。

 

アトピーにも症状がさまざまあります。
強く出る子、弱いけど出る子などです。

 

母乳で育てているときは母親の食べている物の成分が
母乳となって子供に影響が出るときはあります。

 

強く出る場合で食品が特定出来たなら
しばらく避ける方が良いと思います。

 

腸内環境が育ってきたら反応が収まってくる場合があります。
離乳食でも同様に疑いのある子は
1品目ずつ体に変化がでないかみるとよいです。

 

しかし原因が特定できず
肌の赤みが出てくるということはあります。

 

食べ物をいつまでも制限し続けるのは成長にも影響していきます。
その時は塗り薬を使い付き合って行くことが必要です。

 

私の子は肌が弱く頬のぶつぶつが
次第に赤みを持ったぶつぶつに変わったりしました。

 

脂ろう性湿疹が頭全体に出来たり
皮膚にはずいぶん悩まされました。

 

そのたびに他の子と比べて悩みました。
こういうタイプだから仕方ないと明るく開き直るしかありません。

 

当時はそう思えなかったのは事実です。
アトピーだからと悲観しないでおおらかな気持ちで
子供だけをみてあげればいいと思います。