アトピーとの戦い

 

私は一人目の子供がアトピーと診断されました。
それは、生まれたときは全くきづかなかったのですが、
生まれてから一ヶ月たったとき、顔に湿疹が見られるようになったので、
病院を受診することにしました。

 

すると、その時の診断としては乳児湿疹であるので、
自然と綺麗になってくるということで、気持ちも楽に持っていました。

 

その時、赤ちゃんの顔に湿疹がいっぱいできていたので、
かわいそうと思っていたのです。

 

そしてしばらくすると治ると思って、気長に待って過ごしていました。
しかし、その湿疹は全く変化がなかったのです。

 

そのことから心配になって再度、病院を受診すると、
アトピーの可能性があると話をされました。

 

そのときは、アトピーになると、とても大変という気持ちがあったので、
わたしの子供も、その大変な状態になってしまうと思い、
悲しい気持ちになったことを覚えています。

 

そしてその日から、湿疹との戦いとなりました。
わたしの子供の場合は、プリックテストという、
アレルギーのテストをすると、卵に対してアレルギーがあることがわかりました。

 

そのため、母乳であった私も卵を食べることをやめることになったのです。
また、その湿疹に対しては、病院から処方された塗り薬をつけていました。
それをつけるとかなり良くなっていたので、その効果については安心することができました。