転勤族の娘のアトピー

 

35才で産んだ娘がかなりひどいアトピーです。
娘が産まれた当時は、都会に住んでいて、
病院もアトピー専門の先生にかかっていました。

 

そして離乳食は1歳すぎるまで与えないでと言われていました。
娘が1歳になる頃に夫が転勤になり、地方へ引っ越ししました。

 

引っ越ししてすぐに風邪にかかってしまい、近くの小児科へ連れていきました。
そこでこの子は小さいけれど離乳食は与えているか聞かれました。

 

私はまだ与えていないと答えました。
そしたら虐待しているのと同じ事と言われ、かなりショックでした。

 

母乳だったので、自分の食生活にも気を配り、
お風呂へ入れた後は自分の事は後回しで娘に保湿をしていました。

 

洗濯も娘のものだけは、粉せっけんを使って洗濯していました。
ここまで頑張っているのに私はダメなんだとかなり落ち込みました。

 

その後少し遠いけれど、評判のよい病院へ転院しました。
人気のある病院だったのでいつも待ち時間が長かったのですが、
大変良い先生で、娘のアトピーはかなりよくなりました。

 

ただその後また転勤になり、海の近くへ引っ越しました。
アトピーはかなりよくなったのですが、
は喘息の発作が起こるようになってしまいました。喘息は喘息で大変でした。