赤ちゃんのアトピー治療について

 

赤ちゃんは、皮膚が薄く、肌のバリア機能が未熟なこともあり、様々な皮膚トラブルを発症します。
赤ちゃんの皮膚トラブルを総称して、乳児湿疹と呼びます。

 

乳児湿疹には、カサカサしたりジュクジュクしたり、ニキビ様のものなどの症状が挙げられますので、症状に合った対処が推奨されています。
アトピー性皮膚炎は、原因不明の皮膚炎で、赤ちゃんにも発症します。カサカサと乾燥し、かゆみの強い湿疹が出るのが特徴です。

 

赤ちゃんは言葉がわからないため、掻かないように注意するわけにもいかず、湿疹をかきむしってしまうケースも多いようです。
そのため、全身に赤く湿疹がでて、血が出るほどかいてしまうことも珍しくありません。

 

赤ちゃんのアトピーは、まず、アトピー性皮膚炎なのかどうかを専門医に診断してもらうと良いでしょう。
アトピー性皮膚炎かと思っていたら、脂漏性湿疹だったということはよくあります。

 

生後間もなくは皮脂の分泌が盛んになり、脂漏部位にできる湿疹をアトピーと勘違いするケースもありますので、専門医の診断による、適切な処置を行うようにしましょう。

 

治療は医師との信頼関係が大切ですので、一向に治らなかったり、疑問や不安が多い場合は、思い切って皮膚科を変えるのも良いでしょう。