肌ケア体験談

 

赤ちゃんの保湿ケアですが、実はとても大事なことです。

 

保湿とは、美容のために肌をつるつるすべすべに保っておくためにすることだと思っていた私は、赤ちゃんの肌はつるつるなので、保湿なんて必要ないと思っていました。

 

実際、産まれてきた子どもは、とてもきれいな肌を持って産まれてきてくれました。
2か月ほどして顔中に湿疹ができ、調べてみると「乳幼児湿疹」という赤ちゃんにはよくある湿疹とわかりました。

 

時間がたてば治るものとはいえ、つるつるの赤ちゃんの皮膚に湿疹ができている状態は、親にとっては苦しい限りでした。
その後乳幼児湿疹はなくなりましたが、今度はあせも・・。赤ちゃんの肌はなかなかきれいになりません。

 

かかりつけの小児科探しも兼ね、一度受診してみたところ、なんと皮膚が荒れていると、そこからアレルギーの原因となる物質が体内に入り、食物アレルギーになるという話を聞きました。

 

肌あれから食物アレルギーになるなんて知らなかった私は驚きました。先生は、まずは肌をきれいに整えれば大丈夫と保湿クリームを大量に出していただきました。薬局にも色々ありますが、正直どれが良いのかわかりませんでしたし、病院で処方していただければお金もかからないので、一石二鳥です。

 

それからは毎日朝晩、保湿クリームを塗る生活です。正直面倒な時もありましたが、おかげで子どもはアレルギーも出ず、元気に過ごせています。
アレルギーがなかったのは、保湿をしていたからかどうかはわかりませんが、一つの原因を断ち切れたことには変わりありません。
これからもきれいな肌を保つために、保湿はしっかりやっていこうと思っています。