赤ちゃんの保湿の大切さ

 

私の子供は生まれつき肌が弱く、乾燥しがちでした。初めての子供だったので最初の内は肌が弱いとも分からずにいたんです。

 

沐浴で顔や体を綺麗に洗い、保湿はしていませんでした。出産した産婦人科での指導で、入浴後の保湿は必要ないと言われたからです。

 

しかし、段々顔が赤く乾燥したようになり、かゆみもあるようでした。子供を抱っこした時に顔をこすり付けるようなしぐさをしていました。

 

市販の赤ちゃんにも使えるクリームを買って使ってしましたが、なかなか良くならず、皮膚科で診てもらいました。

 

そこで、保湿の大切さを思い知ることになり、反省しています。赤ちゃんの肌は安定しにくく、乾燥しやすいことを知りました。

 

私は冬に外出する時は前もって保湿をしたり、入浴後には保湿剤と病院でもらった薬を塗っていました。

 

関節が荒れたりと、顔だけではなく湿疹などもありましたが、毎日のケアを大切にしながらやってきました。

 

子供は保育園に通うようになった今では、昔の肌の状態が嘘のように綺麗になっています。

 

時々かゆがることはありますが、保湿をしたり、冷やすなどして対処しています。

 

毎日のケアが子供の肌の状態に深く関わっており、かゆみがなくぐっすり眠れる夜を過ごさせてあげれるようになって嬉しいです。