症状と特徴

 

アトピーの症状はその年齢や季節によって
違ってくると言われています。

 

症状の詳細

 

アトピーは赤ちゃんなど子どもに多い病気で、
発祥する子どもは、食物アレルギーやダニアレルギーを持っていることが多いと言われています。

 

湿疹が特定の場所に現れて、
良くなったり悪くなったりを繰り返すことが多いのも特徴とされています。

 

年齢や季節になって変わる症状

 

アトピーは年齢によって、症状が変わります。

 

というのも、年齢によって皮脂の分泌が異なるためで、
生後2ヶ月くらいから1歳までは顔や頭などに湿疹がでることが多いといわれています。

 

2〜10歳ではそれまでとは症状が現れる場所が変わり、
手足の関節の内側や首などに現れることが多いとされています。

 

また、夏は汗などの影響により症状が悪化することがあり、
冬など乾燥しやすい季節にも悪化することがあります。

 

乳児湿疹との違い

 

アトピーと間違えられやすいものとして、乳児湿疹があります。

 

乳児湿疹は、ほほやおでこを中心としてでる湿疹で、
皮脂の分泌が活発になったことで起こるものです。

 

乳児湿疹が目立ってきた場合は、
赤ちゃん用の石鹸などで皮膚を清潔にしてあげるのがよいでしょう。

 

乳児湿疹とアトピーは、見分けが難しい場合があるため、
不安な場合は必ず医師に相談するようにしましょう。