予防方法

 

アトピーを予防するには、その原因となる環境や物質を把握した上で、
その原因を取り除いたりすることが大切と言われています。

 

原因となるものを把握している場合

 

アトピーの原因の特定がある程度できている場合は、
その原因を取り除くようにするのよいでしょう。

 

例えば、ハウスダストが原因となっている場合は、
なるべくお掃除をしたり、換気をするなどの対応をするとよいでしょう。

 

また、カーペットなどを使用するよりもフローリングにする。
シーツなどをこまめに洗濯をするなどのお手入れをするのがおすすめです。

 

原因となる物質の特定は医師との相談を

 

原因となる物質は、自分の思い込みで決めるのは危険なため
必ず医師との相談や診断の中で特定しましょう。

 

症状が良くなっても油断をしないで

 

アトピーは良くなったり、悪くなったりを繰り返すのが特徴と言われています。

 

一旦良くなったからといって油断することなく、
お医者さんの指示にしたがって上手に付き合っていることが大切です。